カエルの楽園読了

虐待を受けたり、いじめられる子の心理的特長は、常に心を他所に置く。

政府は9日夜、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開き、中国海軍の艦船1隻が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に初めて入った事案について協議した。情報を分析し、引き続き尖閣周辺海域の警戒監視活動を継続することや、米政府と緊密に情報交換し、連携していく方針を確認した。

 安倍晋三首相は9日朝から山形県に農業視察に赴いており、NSCは首相の帰京直後の午後7時から開催。岸田文雄外相、菅義偉官房長官らが出席した。会合では、9日未明に中国艦が接続水域に入った経緯や、これに先立ちロシアの軍艦3隻も接続水域に入った状況などが報告された。

 日本政府は8日深夜から中国艦の接近を把握し、中国・北京の日本大使館を通じて中国側に接近しないよう繰り返し求めた。しかし中国側は応じず、岸田氏が外務省の斎木昭隆事務次官に程永華駐日中国大使を呼び出して厳重に抗議するよう指示。斎木氏は9日午前2時という異例の時間に程氏を外務省に呼び出して「軍と外交部(外務省)は連絡を取れているのか」などとただし、「緊張感を高めるようなことはやってほしくない」と伝えた。程氏は「抗議は受け入れられない」と応じる一方、「両国の緊張感を高めることはよくないと思うのですぐに北京に伝える」と語った。深夜の呼び出しは、日本側が事態を深刻視していると中国側に伝えるとともに、日本側に尖閣問題で迅速に対応する準備が整っていると示す狙いがあったものとみられる。

 菅氏は9日の記者会見で「緊張を一方的に高める行為で深刻に懸念している」と中国側の姿勢を批判。「領土、領海、領空は断固として守り抜く強い意志のもと、毅然(きぜん)と冷静に対応する」と述べた。接続水域は領海の外側12カイリ(約22キロ)の範囲に設定され、国際法上は軍艦でも通航は認められる。尖閣諸島の領有権を主張していないロシア艦の接続水域通航については、政府は問題視しない考えだ。

 防衛省によると、中国海軍のジャンカイ1級フリゲート艦(3960トン)1隻が9日午前0時50分ごろ、尖閣諸島の久場島北東の接続水域に入ったのを海自艦が確認。中国艦は同3時10分ごろに同諸島大正島の北北西から北に向け、接続水域を離れた。これに先立つ8日午後9時50分ごろ、ロシアの駆逐艦など3隻が久場島と大正島の間から接続水域に入り、9日午前3時5分ごろ、北に向けて水域を離れた。ロシア艦は東南アジアであった多国間演習からの帰りという。【村尾哲、町田徳丈】
http://mainichi.jp/articles/20160610/ddm/001/030/163000c

上の記事はカエルの楽園を読了した次の日のニュースだった
南の沼でウシガエルがジーっとしている状態で比喩すればいいだろうか。
恐ろしいことに米軍や政府にはワーワー言う翁長知事や琉球の新聞らはだんまり。産経は号外まで出したのに。

なんにも知らない人は舛添知事の話題の方が面白い。公開処刑だから。

ここからは戯れ言、耳半分でお願いします。

中国にとって海洋から軍事進出するには日本の南西諸島、および南シナ海を通るしかない。
となれば、日本とフィリピンの駐在米軍が邪魔である。フィリピンでは火山爆発による米軍の撤退直後、南沙諸島の岩を我が領土と主張しあっという間に基地を作り上げた。
南沙諸島
次は尖閣諸島だ。まずは漁民を送りつけよう。民主党政権だから、まぁ大丈夫だろう。お、さすがは我が共産党の下僕たち、体当たり動画を隠赦してくれたな。なに海猿が動画を公開しただと、けしからん許すな逮捕しろ。もちろん、我が国の良民は無罪放免で足代はそちら持ちで送り返してくれたまえ。それが2010年の出来事。

今じゃ、軍艦がやってきてしまった。ジーっと不気味と船体を揺らしながら・・・・

不思議なのは翁長さん。
もとは自民党だったみたい。少なくとも那覇市長時代に中国との交流があったみたいだけど、それは他の自治体もやっていること。なぜに日本共産党に鞍替えし、中国の駒のような動きばかりをするのか。

ここからも戯れ言。
共「翁長さん、県知事に立候補するですって?」
翁「えぇ、まぁ。」
共「沖縄の未来に関するココだけの話があるんですけど興味あります?」
翁「いや別に・・・・」
共「日本を自治区をしていく話って知ってます?」
翁「あぁ、ネットとかで言われてる都市伝説的なものありますよね」
共「そうですね。あれ中国の国家戦略でガチになりますよ」
翁「え、いつ?」
共「もう、尖閣諸島とかじわりじわり始まってるでしょ、東京オリンピックが終わったあたりに一気に補完終了ですね。ほらチベットとか、東トルキスタンとか、あんな感じで。」
翁「え、じゃ沖縄から先にやられるってこと?」
共「そこが相談どころなんですよ。中国文化にとても近い沖縄は他人な感じしないんですよね。だから手荒なことはしたくない。なのでまずは日本の門を開けてくれないかと・・・」
翁「門を開けてくれ、とは?」
共「ほら面倒な門番がいるでしょ?基地問題とか話題にもなってる」
翁「もしかして米兵のこと?」
共「そうそう。なにも出て行けと言え、なんてことは言わない。知事にはそんな権限ないですしね。やって欲しいのは、県民感情を代表して嫌がることです。私たちはずっと苦しまされてる的な?」
翁「それは今までの知事もやっていただろう?」
共「そうですよ。だから貴方が特別ってわけじゃない。そこに歴史問題なんかもスパイスを加えてくれるだけでいい。ただ日本共産党に鞍替えすることが条件なんですよねぇ。」
翁「私は自民党だ。今まで世話になった裏切ることはできない。」
共「そうでしょう、そうでしょう。でも貴方みたいに沖縄を愛している人が宜しいのですか?日本政府に寄ったばっかりに沖縄がチベットみたいになっても。貴方の判断ひとつで何十万という沖縄の人達だけが変わらず生活できるんですよ。場合によっては沖縄は『省』となり、中国国民が大挙して押し寄せ、更なる繁栄が見込まれるでしょう。」
翁「うぐぐ・・・」
共「まぁ、よくお考えください。沖縄県が自治区になるか、沖縄が省となり、さらなる繁栄を得られるのか。ただ忘れてはいけないのは、我が党は本気です。貴方にYESと言わせるだけの戦術は他にもあります。」

いじめられっ子の特徴は、心の置き場を他所にやると冒頭述べたが、もう一つある。
それは心に拳を持たないことだ。

曇りなき眼で見るがいい、何がおきようとしているのかを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です