テーマのアップデートに耐える、wordpressの子テーマでデザインのカスタマイズをする方法

WordPressカスタマイズするときにまずやっておきたい、テーマアップデートに耐えるカスタム方法。

wordpressのtwentyシリーズは公式だけあって、頻繁にアップデートをしてくれる。何が変わったかいちいちチェックしていないが、管理画面の使い勝手や、セキュリティ面でアップデートしておいた方が賢明だ。
しかしながら困ったことがある。それはアップデートされると、せっかくカスタマイズした、CSSやfunctionが上書きされて消されちゃうのだ。

なので下記サイトを参考に改善してみた。

アップデートしても大丈夫!WordPressの子テーマでデザインのカスタマイズをする方法
http://liginc.co.jp/web/wp/customize/147844
WordPressの子テーマを作成する時にハマった3つのこと
http://increment-log.com/child-theme-bewildered/

themeフォルダに親テーマ(twentyfifteen)がある状態だとすると、
子テーマ twentyfifteen-childというフォルダを作る。-childは決まり。
子テーマフォルダに入るファイルは以下の2つ。
・funtion.php
・style.css

fanction.php

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}
?>

このままコピペ。親テーマのfunction.phpは触らず、ここで書くと追記されるようになる。

style.css

/*
 Theme Name:   Twenty Fifteen Child
 Theme URI:    http://example.com/twenty-fifteen-child/
 Description:  Twenty Fifteen Child Theme
 Author:       John Doe
 Author URI:   http://example.com
 Template:     twentyfifteen
 Version:      1.0.0
 License:      GNU General Public License v2 or later
 License URI:  http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
 Tags:         light, dark, two-columns, right-sidebar, responsive-layout, accessibility-ready
 Text Domain:  twenty-fifteen-child
*/

親テーマstyle.cssをまるまるコピペして、
Theme Name: twentyfifteen-child  子テーマ フォルダ名
Template: twentyfifteen      親テーマ フォルダ名
Text Domain: twentyfifteen-child 子テーマ フォルダ内
を書き換え、次からは子テーマを書き換えるようにする。

そしてエラーがでなければ、管理画面から外観テーマを変更する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です